急がば走って回れ!

アパレルOEMのHope International Works代表高村のブログ

8/1 繊研新聞

2017.08.01 (Tue)
本日付けの繊研新聞に弊社の話題が掲載されました。高い目標設定は当社のアイデンティティの一つです。
どうアプローチし、どう達成するか?その為に何が必要で何が不要なのか?
イノベーションを意識し、アイデアをどんどん実現して行きたいと考えております。
ソーイングファクトリー商社®として技術力と情熱を持って、推進して行きます。
今後ともホープインターナショナルワークス株式会社を宜しくお願い致します。

スポンサーサイト

アパレルは成長産業なんですよ。

2017.07.22 (Sat)
だいぶ前のお話ですが、弊社の採用説明会での出来事。
ある学生さんから、こんな質問。
「アパレルは不況だって言いますけど、御社は大丈夫ですか??」
業界関係者も嘆くほどのアパレル不況。一般紙やニュースでもトピックスになるなど、「アパレルは、ヤバイ!」が今の常識。
弊社も受注減で、大苦戦してます。これは事実。
でも、僕はこう答えます。
「確かにそう言われてますが、アパレルの市場は、9兆近くある。トップのユニクロさんで、2兆弱、2位のしまむらさんでも5600億程度。樫山さんやZOZOさんで2000億くらい。全部足してもまだまだ沢山の市場は残っているんで、その残りのシェア(5-6兆円)をちょこっとずつシェアして取っていけば良いのかなって思ってます。市場は大きい。アパレルは、世界的には、成長産業なんです!」
何が言いたいかと言うと、「他人のせいにするな、自分たちの問題だよ」という事。
営業力の低下、お客様へのアプローチのやり方を間違えているから、受注減に繋がる。
市況が悪いからじゃないんです。
こんなデータがあります。
https://www.yano.co.jp/press/press.php/001603

(データは、ネットから拝借しました。)
このデータによると、2010年8兆9000億だったアパレル市場は実は増加していて、2015年で9兆3000億という統計。この手の統計は、実態にそくしていない曖昧な所もあるので、正確ではないけれど、4000億増えてんじゃん!笑
実は増えてるんです、アパレル市場。バブルの頃の市場規模からの比較では減っているかも知れませんが、そんな事は、他の業界でも同じ。
バプル(泡)なんだから嘘っぱちの市場と比較しても何の意味も無く、ここ5年で増えてるんだから、普通に成長市場でしょ。ネガティヴに考える必要あるのかな?
業界関係者も皆一様に、「良くないですね。」「何とかリストラして帳尻合わせしてる。」「発注を減らしている。」「上からストップがかかって。」と言う会話が多くて、景気は良さそうじゃないのが、一般的です。 
僕もついつい、「あんまり良くない」「為替がダメで」と言い訳してしまうんです。
でもね、統計上は、良いのが現実ですよ。^ ^
皆んながこれを拡散したら、「追加発注!」「ウチも乗り遅れるなー!」「キャパ増やせますか?」「どんどん仕掛けますよ!」なんていう景気の良い話が増えるのかも知れません。
メディアはアパレル不況を洗脳しないで欲しい。「アパレルは、実は2010年以降、増加傾向で、世界的には、成長産業なんですよー、減産しなくて良いですよー」って、一面トップで扱ってくれたら流れ変わるかも。笑
まー、そんな上手い事行くわけないですが、ポジティブに盛り上げて行きましょう。
売り方、買い方、楽しみ方が変わっているだけだと思います。
ファッションレンタルやスタイルリングを売るエアークローゼットさんみたいな新しいファッションの楽しみ方も出て来た。
今、アパレルは、変革のチャンスに溢れている。
この変革期をピンチと取るか?チャンスと取るか?
古い考えの企業さんは、「ピンチ」と受け止めて、衰退して下さい。
ポジティブな企業さんは、「チャンス」と捉え、飛躍しましょう!
拘りのある良い商品を「増産」して、値段と品質の釣り合いが取れていないものを「減産」すれば良いんです。
原価率50%を謳う企業さんが伸びて、20%以下の企業さんが苦戦。
答えは簡単な気がする。
適正価格を追求しないから売れない。不況のせいにするな!と自省しています。
品質の良い、拘りの強い商品をどんどん作りましょう、適正価格で増産しましょ。
出会い系サイトみたいにネットで他人に縫製工場を探してもらうとか、コピー機で型紙を安売りとか、誰だかわからん人のデザインで洋服作りとか、使い捨ての服とかが流行るなんて事は、絶対に続かないと思う。一時のこと。
プロらしく。
デザイナーとパタンナーさん、縫製職人さんと相談し、適正価格の生地や付属を集め出し、最高の物流システムで効率の良い商品移動。出来上がった最高の商品を適正価格で、気持ちの良い接客やプロのスタイリング、ビックデータを駆使してマーケティングされた商品をあらゆる手段(リアル店舗、EC、レンタルなど)を使って、洋服好きなファンの方々に様々な物流を駆使してお届けする。
知ってる言葉を繋げただけで、上手く行く気がする。笑
ポジティブに行く方がずっと楽しいし、上手く行く気がします。
「新しい洋服買って、テンション上げて、お出掛けして、生活を楽しむ!」機会が増えたら、洋服はもっともっと楽しいんじゃないですかー?^ ^
日本のアパレルはまだまだ成長産業です!
皆んなで盛り上げて行きましょう!
弊社もガンガン頑張ります!!
(今日は久々にアパレルの方々と飲んだので、テンション上がってます。笑)

お陰様で開店1周年!

2017.06.30 (Fri)
昨日、6/29で弊社の次世代の「お直し屋、リデザイン&カフェ」、Salon du reDESIGN Closet.netが1周年を迎える事が出来ました。
開店からもう1年経つんだなー、あっという間の1年でした。
苦戦しながらも、沢山の方々の御尽力で、1年を乗り切れたと切に感じております。本当に有難うございます、尚、一層の努力と皆様に愛されるお店作りに励んで行きますので、これからも、どうぞ宜しくお願い致します。
感謝を込めて、6/20-7/2まで、先着50名様にかき氷を無料プレゼント中です。夏に近づき、かき氷が美味しく頂ける季節になりましたので、堀江散策にお疲れの方々は、是非、SDRCでご休憩されて下さい。かき氷だけでも全然構いませんので、お気軽にどうぞ!^ ^


まだまだ未熟な当店ですが、お陰様で、だんだんと素敵な店に進化しております。
何度もご来店頂ける大切なお客様もたくさん増えました。皆様、本当に有難うございます、感謝しかございません。これからも、最高レベルのサービスを提供し、皆様に笑顔になって頂けるような仕事をして参ります!
開店当初は、正直、毎月、赤字で、どうしたものか?と考える日々でしたが、ご利用頂けた方々の笑顔やお褒めの言葉、洋服に対する愛情に触れさせて頂くうちに、「ああ、これはやり甲斐のある素晴らしい仕事だな。喜んで頂ける方々の為にも日々、向上していかなければ!」と勇気を頂きました。開店当時は赤字続きでしたが、変な自信と根拠を持って、突き進んで来ました。
幸運な事に、メディアにも多数取り上げて頂き、多少ではありますが、認知度も向上して来たと思います。
ただし、まだまだSDRCの事を知ってもらえていないと考えています。ご提供させて頂いているサービスは、これまであまり無かった形だと思いますし、競合他社とは一線を画したものです。(表面上は似ている所はありますが。)
一度ご利用頂ければ、当店の「良さ」を「ご理解頂けるはず!」と考えております。
愛着のある想い出の服が、もう一度リデザインされ生まれ変わり、お気に入りの服として復活する。
リデザインされた服がお手元に届く喜びや感動を一人でも多くの方に味わって頂きたい。そう願っています。
SDRCは、お直し屋さんなのですが、誰一人として、お直し屋さんでの経験は、有りませんし、ノウハウも有りません。
ただ「洋服を創る技術」を持ったスタッフしか配備していません。洋服をどう創るかという技術の元、「お直し」しているのです。
なので、お直し屋さんのセオリーや効率などは、全く知らないし、今後も知らなくて良いと考えています。
「新しい洋服を創る」そんな感覚です。
形やアプローチは違うのですが、本社と同様のお仕事だと考えています。洋服創りのノウハウと情熱は、お店の方にも活かされ、同じサービスをしているのだと思います。
そういう意味では、年間取り扱い約50万着を誇る当社のノウハウ、縫製技術がびっしり詰まったお店なんです。質が高いのは、当然なんです。
1着も1万着も、同じ情熱を持って、お仕事して行きたいですし、そうして行かなければなりません。
そう言った意味で、お店を開店させ、直接、お客様の声を聞ける事は、本社の洋服作りにもとても良い影響がありました。
これからも、洋服を愛し、洋服の力で皆様を笑顔にするお力添えが出来るよう日々、精進して参ります。
これからも、ホープインターナショナルワークス並びに、リデザイン&カフェ、「Salon du reDESIGN Closet.net」を宜しくお願い致します!
かき氷、是非、食べに来て下さいね!

初心を大事に。

2017.06.16 (Fri)
決算がだいたい目処が立って来た事もあり、少し時間が持てるようになって来ました。
それにしても今年の5月は最高にしんどかったです。笑
頭の中が休む時間が無く、史上最大にテンパりました。頭がパンクするんじゃないかというくらいの状態でした。
新卒採用、決算準備、ショップの構造改革、苦渋の決断やたくさんの決定、未来への種まき、面白い事、楽しい事、悲しい事、悔しい事、その他諸々。同時進行で考え、判断して行かなければいけないのがこの5月でした。
僕の机の上には書類の山。ペーパーレスを目指しているはずなのに。。。机の表面が全く見えない日々でしたが、やっと表面が見える様になり、ホッと一息。落ち着いて来ました。
商談もあったので、東京支店へ。
今期(6月)より新生東京支店となり、雰囲気も変わりました。大阪よりの転勤者と新入社員を迎え、3名から9名に増員。東京支店を一気に増強しました。
レイアウトも変えたので雰囲気も変わりました。まだまだ不備もあり、LANケーブルが足りていなかったりして、ネットが繋がらない。机の下に潜り込んで、入り組んだ配線を数えたりで、あーだこーだと業者の方に伝えたりしてましたり
この感じ。。。なんだか懐かしい。
創業当時を思い出し、一人、ノスタルジックになってました。
デスクとデスクの距離が近くなったので、スタッフとの距離も近くなり、ああこの感じ、懐かしい。良いなあと。
本社オフィスは何倍もの広さになり、人数も増えました。創業当時に比べれば、ずっとずっと幸せな環境ですが、創業当時の感覚を忘れず大切にしたいなと改めて思いました。
創業当時のどんどん前進した頃を思い出し、東京支店を拡大して行くぞというモチベーションが湧いて来ました。
「ここ数年、ちょっと守りに入ってたんじゃないの?」
「創業当時を思い出し、初心に帰れって事でしょう?」
と誰かに言われているような気持ちになりました。
決算もあと少しで目処が付きそうですので、来期に向かって、「もう一度、やったるぜ!」と闘志むき出しで行きたいと思います。
初心を大事に。過去より未来へ。
ワクワクするような「初めの一歩」をたくさん増やして、どんどん「トライ」し、「ブラッシュアップ」して行きたいと思います。(当時よく言っていたな。笑)
まだまだこれから。HIWはまだまだ止まりません!
明日からまた気合いを入れ直して、突っ走って行きます!!^ ^

続祝7周年。

2017.06.03 (Sat)
まだまだ決算で遅くなってしまって、自宅に帰ると家族が創立記念日を祝ってくれました。
長女は、力尽きて寝ちゃってました。
家族の理解と支えが無かったら、ここまで来れなかっただろうなと改めて感じました。
感謝しかないです。
これからもいろんなものを背負って、頑張って行きます!!
まだまたまこれからです!^ ^


 | HOME |  Next »