急がば走って回れ!

アパレルOEMのHope International Works代表高村のブログ

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IFF (International Fashon Fair)

2014.07.24 (Thu)
昨日は、IFF初日でした。(7/23~25まで。東京ビックサイト)
僕も初日でしたので、ブースに立たせて頂きました。
副社長はじめスタッフの皆が前泊して、かっこ良いブースに仕上げてくれました。有難うございます!

高村あり

IFFは、今回よりOEM/ODゾーンが開設されたので、初めて参加してみました。
基本は、アパレル/小売店様の展示会なので、裏方であるOEM/ODMゾーンは、集客がまばら。。。
たくさんのブースや商品を見る限り、当社の技術力と感度は、間違いないなと改めて感じました。
自画自賛です。(笑)
目の肥えた方が立ち寄って頂ければ、その差に気づいて頂けるかなと。
初日だったので、まだ様子見だったのかも知れません。
2日目と3日目で挽回してほしいです。
また良い出会いとご縁があると嬉しいです。

ご来場を心よりお待ちしております!!

スポンサーサイト

新プロジェクト。

2014.07.16 (Wed)
新たなプロジェクトに向け、準備を始めています。
前々から考えていたプランがあったのですが、実現出来そうなご縁があり、急速に動き出しています。
既に来期の予算は、決定済みでしたが、一から洗い直してでも、チャレンジすべきと判断しています。
当然、厳しい予算繰りですが、未来の飛躍の為、このチャンスを逃すわけには行きません。
全ては将来への布石。
また新しい「はじめの一歩」を踏み出す決断をしなければなりません。
「はじめの一歩」を踏み出す時は、大きな勇気と相当の覚悟が必要になります。
「絶対に大丈夫」という保証はどこにもありません。
結果はやってみなければ、誰にも解らない。
やらなかったら、何も起こらず、リスク回避も可能ですが、得るものも何もありません。
「はじめの一歩」を踏み出せない人に、運も味方しませんし、奇跡も起きません。
じゃあ、どうするか?
やらないで後悔したくないので、やるしか無いのです。
ダメな時はその経験を元に再チャレンジすれば良いと思います。
失敗した原因をより多く分析改善し、つぎこそ必ず上手く行くようにブラッシュアップするしか無いです。
今回のプロジェクトは、将来のHIWをハッピーにする為、通らなければならない道だと思います。
このチャンスをものにし、より確実な仕組みを楽しみながら構築していきます。
内容は固まり次第、また御報告させて頂きます!

「喜び、楽しみ」

2014.07.05 (Sat)
久々の投稿です。
かなりサボってしまいました、申し訳ありません。
ブログネタが無かったのが原因です。(笑)
今日もあまり無いのですが。。。
本業ネタを。
弊社には、現在、「課」は、存在しないのですが、チーム分けされています。
スーツ、メンズカジュアル、レディースカジュアル、アウトドアスポーツ、カットソー&ニット、インポートの6分類です。
ただし、それぞれ限定するわけでは無く、メンズカジュアルチームであっても、レディースをやったり、カットソーをやったりします。
それぞれ、各分野に特化したスペシャリティを持っていて、自分の不得意な分野は、スペシャリストに聞きながら、ノウハウを獲得して行きます。
1つのクライアント様に5-6人の営業が絡む事もしばしばあり、臨機応変に組織を変化させる事が可能です。
こうする事で、スペシャリティを維持しつつ、各自の不得意分野の能力を向上させて行きます。
スペシャリストの特性を伸ばし、ゼネラリスト化する。
穴の無いコンサルティングが可能になります。
こうした社風がありますから、取り扱いアイテムが、どんどん増えて行きます。
最近は、15年春夏、15年秋冬のサンプルが続々届き、多種多様なアイテムが社内に溢れています。
僕は、サンプルをチェックして、あーだこーだ、これは売れそうだ、これカワイイ、ここイマイチ、ここ直すべきなどと意見を交わしている時が一番楽しくて、好きです。
試着したり、試着してもらったりして、ワイワイ検証します。
皆、洋服好きなので、目を輝かせています。
貿易の手続書類を作成している時や納期交渉をしている時は、一転、殺伐としていますが。(笑)
緩急があって、面白い仕事です。
キツイ時の方が多いですが。
8割苦しくて、2割楽しめれば、充分です。
1-2割の「喜び、楽しみ」の為に努力する。
スポーツだって、何だって、そんなもんです。
努力したり、苦しい事があるから、喜びが生まれるんですよね。
もちろん、喜びばっかりになれば理想ですが、そんなにムシの良い話は、そうそう無いです。
仕事を楽しむと言う事は、この1-2割の「喜び、楽しみ」を大切に出来るかと言う事なのかなと思います。
先日決算資料を提出し、数字との格闘から解放された反動で、現場は、やっぱり楽しいなとつくづく思った今日一日でした。(笑)

次の「喜び、楽しみ」に向けて、たくさんの準備をして行きたいなと思います!



 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。