急がば走って回れ!

アパレルOEMのHope International Works代表高村のブログ

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログとデジタル。

2017.10.12 (Thu)
アパレルは、終わってるとメディアで叩かれてますね。
テレビや何やかでやられているので、一般の方々にも興味がある話題なんでしょう。
それはそれで、良いんですが、やっぱり過剰な感じですので、皆さん、感化されないで下さいね。笑
アパレルがアカンと言うのではなく、物品系のビジネスが伸び悩んでいるという事でしょう。
いわゆるリアル店舗の優位性が落ちて来た事が一つの要因ですね。
アパレルは、販売員の接客に依存して来た業界ですから、その仕組みを大きく変える事が出来ず、苦戦を強いられています。
ネットで洋服を買う人が増加。ネットでリユースする人も増えた。
以前にブログで書いたように、ファッションのマーケット自体は健闘しているんです。
買い方が変わったんですよね。
売れてないのは、既存のやり方に囚われている所が中心です。
つまり、百貨店がメインの商売としているアパレルさんが苦戦されています。
百貨店の集客力とブランド力に頼って来た事と、キツイ商売形態。
委託取引で、売れた物しか仕切れない。百貨店さんは、損しない仕組みが出来上がっていますが、アパレルさんは、在庫を多く抱えても、売上が保証されていない。
ここは改善しないとキツイんでは無いかなぁと思います。
新興アパレルさんは、今時の会社なので、良い条件じゃなきゃテナントに入らない。既存アパレルさんは、昔からのキツイ取引条件から脱却できずに、だんだんと競争力を失う。
疲弊したアパレルさんは、チャレンジする物作りが出来ず、失敗しない商品を安く作る事に専念せざるを得ない。
結果、値段ありき、他店と横並びの商売ばかりが氾濫する。
今、健闘しているブランドは、とんがっていて、特徴が良く分かる。
特徴ない所は、苦戦気味です。
ブランドに色付ける。企業に色を付ける。
そんな事を仕掛けていないと、今、好調でもその内、衰退すると思います。
今こそ変わるべきなんですよ。
時代は変わって来てるんですから。
弊社も同様。創業当時と同じカラーでは、この難局は打破できないと考えています。
お客様の商品に「ホープさんと組んでるなら、技術力が高くて面白い服作るんだろうね?」みたいなイメージを抱いて貰えるような仕事をしたいです。
そうなれるように、日々、進化していかなければダメですよね。
切羽詰まって、必死にやって行きたいと考えています。
できれば、そんな環境を楽しみながら。
アパレルさんが元気になれば、もっと楽しい服が世の中に溢れると思います。
新しい洋服着て、ウキウキで出かける。
勝負服に身を包み、背筋伸ばして大切な商談に臨む。
初めてデートの為にカワイイ服、カッコイイ服で臨む。
などなど。
まさに「洋服には、人を笑顔にする力がある。」です。
新人の頃、ある大手アパレルさんの女性担当者から、「私達の仕事は、夢を売る仕事なの!がっかりさせる様な服、持ってこないで!」とこっ酷く怒られた事がありました。
恥ずかし気もなくこんな事言える方、極端に減ったなと思います。
みんな情熱やプライドが有り、素敵な方々が多かった。無茶苦茶な方々も沢山いましたが。笑
「昔が正解」と言いたいわけじゃ無いです。
今時の形では無いかもしれませんが、良き時代のアナログ的な部分を残しつつ、その他は、めいっぱいデジタルを活用して行く。
そんな形がカッコいいし、時代を捉えているんじゃ無いかと考えています。
「アパレルはダメですね~」なんてばっかり言ってたら、暗くなるばかり。
明るくやって行きたい。
新しい事にチャレンジして、失敗したら、笑って貰えば良いです。
頑張って、盛り上げて行きます!
まだまだ捨てたもんじゃないですよー。
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。