FC2ブログ

急がば走って回れ!

アパレルOEMのHope International Works代表高村のブログ

新国立競技場。

2015.07.22 (Wed)
新国立競技場が何かと話題に上がってます。
政治がらみの話なんであまり深く考えているわけではないのですが、軽く触れたいなと思います。
森喜郎元首相の「国が2500億くらい出せないなんて。」発言。メディアなどでたたきまくられてます。
この話題が出た時の僕の第一印象は同じような事を思いました。(森さんとは立場も違いますし、考える視点も違いますので、パッシングは止めてくださいね。(笑))
予算時1300億から2500億になった事は、確かにお粗末な話で、批判されてしかるべきなんですが、現職の総理まで出てきてやるべき事なんでしょうか?
普通に考えれば差額1200億!!許せない!!事です。
「それだけのお金があったら、もっと何か違うことに使え!」が主流なんじゃないでしょうか?
当然そうなんですが、、、。
でも、根本的なスケールが違います。
財布の大きさが異次元の大きさなんです。
日本の国家予算、平成27年度の一般会計は、96.3兆円です。(実質的な予算は約200兆円くらい。)
その内のほんの少しの話。
身近な感覚に置き換えると、「1年の生活費が100万円かかる人が、キャンプに行く事になった。1300円のゴザを買いに行って、2500円の簡易テントを買った。」程度の話なんです。全体予算の1%以下、0.2%程度の話なんです。
(だからと言って、無駄使いが良いと言ってる訳ではありませんので、誤解なきようお願いします。あくまで、必要経費であると言うのが前提です。)

良いものを作ろうとして、予算が上がるのは、極めて普通な話です。
政治が絡んで来ると、悪いイメージしかありませんが。。。
例えば、夢のマイホーム。予算は、5000万。「一生に一度の事だし、どうせなら!」と考えて、出来上がり6000万!は、良くある話なんじゃないでしょうか?(今回は、倍になってるので、問題は当然ありますが。)
国の威信をかけたオリンピックのメインスタジアム。
技術立国の日本がしょぼいスタジアム作ったって、誰も感動しない。
世界が驚かないのであれば、意味ない。
お客様も増えない。
だったら、古い国立競技場のままで良かった。
予算通り1300億でしょぼいスタジアムしか造れないなら、それは無駄金になってしまいます。
1200億プラスして、誇れる物が造れるなら、プラスして、造るべき。
誰もが驚き、感動させるスタジアムを造る事が出来れば、建物が人を呼び、お客様が増えるかも知れない。
世界的な建物が出来上がれば、その後の観光の目玉になり、差額分など、すぐにペイするかも知れません。
あんな大きなものを造った事がないし、建築に精通しているわけではないので、見当も付きませんが、1300億でも感動を与える物が出来れば一番良いですが、「簡単な仕様にして、安く上げよう的な発想」は、ダサイなぁと思ってしまいます。
損して得を取る!
未来への投資と現実とのバランス。
現実ばかり見ていては、「good」は生まれても、「excellent 」は生まれないんじゃないかな。
その道のプロの方々が必死で考えた結果が、2500億なら、そこは任せて、素晴らしいもん造って貰って、どう収益をあげ、どう回収すべきかを考え、実行して行く事が大切なんじゃないでしょうか?
まあ、そこに利権だとか既得権益だとかは無いのが前提での考えです。その辺が絡んでいるのであれば、問題外の話になります。

長くなりましたが、経済的合理性を持たせる事が重要で、それを分かり易く説明するのが、偉い方々のお仕事だと思います。
白紙に戻して人気取りしてる場合じゃないだろー!
白紙に戻す時間を各業者にとことんお願いして、コストを抑える努力すれば何とかなったんじゃないの?
1300億でショボイ建物造って、何百年と後悔して、世界に恥を晒さないで欲しいな。

まあ、既に白紙に戻す事が決定しているので、今更何を言っても始まらないですね。
切り替えて、ここからベストの方へ進んで欲しいです。
日本のオリンピックですので、日本人の建築家に頑張って欲しい!
外国の方にデザイン料を送金している場合じゃないだろ!と思います。(前回案でここは、全く理解不能。プライドも何もないとんでもない考え方だと思います。)
内需に貢献し、世界に感動とサプライズを与える素晴らしいスタジアムになって欲しいです。

以上、軽く触れるつもりが、長くなってしまいました、申し訳ございません。(笑)。全てただの私見ですし、当件についての専門的な知識は全くありませんので、諸々至らない所はご容赦頂ければ有難いです。

遠くの文句言う前に、本業でこつこつ頑張って行きます!
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック