FC2ブログ

急がば走って回れ!

アパレルOEMのHope International Works代表高村のブログ

読書。

2018.08.11 (Sat)
「本とか読まなそう」とか言われるんですが、読書は趣味で、実は結構読みます。
で、日刊ゲンダイさんの取材をお受けしました。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/235192
本は、経験していない事を学べるので、コストパフォーマンスに優れた商品だと思います。
本代は、だいたい¥1000-2500くらいですが、コスト負けする事は少ないです。読んだ時間を含めると、もっとコストはかかっているのですが、得られるものは、多いですよね。
と、セコイ事を言っていてもカッコ悪いですね。笑
昔は、ミステリー小説にハマっていましたが、起業してからは、ビジネス本を読むことに決めています。
「趣味の時間もビジネスに注ぎ込もう、家族と過ごす時間以外の全ての時間をこの会社の為に使い切ろう。」と起業当時に決心しました。それ以来、小説は封印しています。
2-3年はまさにそんな感じでした。流石に最近は少し余裕が出て来ましたので、良い意味で息を抜けるようになってはいます。サボっている、油断しているわけじゃないですよ、時間の使い方がこなれて来た、使い方の質が上がったとしたいです。笑
この取材を終えて、また本を読み返しています。
入山章栄先生の「ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学」は 三年前にビジネススクールで課題となった本です。入山先生に講義も頂いていたので、当時も分かり易く学びが多かったのですが、今回の取材後、目を通していると、忘れている事も多かったので、改めて読み出しました。当時気付かなかった事が理解できたりきていて、自分の成長も感じますし、また新たな学びを得られるので、じっくり読み直しを始めています。
自分の歳や経験、実力、会社の状況、会社の規模によって沢山の読み方、考え方が出来るので、ビジネス書籍は面白いです。
読み終えた後、パワーアップ、レベルアップした感覚になります。僕だけかな?笑
当時読んでいた頃の感情も蘇って来て、ノスタルジックな気分にもなりますね。
記事にもなっていますが、一冊からなるべく何か一つ具体的な学びをみつけ実践に活かすようにしています。ヒントやアイデアは直接的ものではなくても、組み合わせたりする事で、事業に繋げて行く事は可能です。
まあ、外れる本も正直有りますが、それでも一冊を通じ、全く参考にならないと言う事は少ないです。
成功している経営者の友達も殆どと言って良いほど読書家であり、勉強家です。本当に学びとる意欲が凄い。
最近、読書の時間が減っていたので、また改めて活字に触れる時間を増やして行こうと思っています!^ ^
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック